お母さん、キライだなんて言わないで。|天狼院ライティング・ゼミ

 

先週、どうしてもネタが思いつかず、それでもなんとか提出しようと試みた課題でしたが、タイムアップ。

「全16回すべて提出する」という初志貫徹はできませんでした。涙

 

そして今週、気を引き締めて、新たなテーマで課題を投稿!

無事に、合格し、掲載していただけました!
嬉しい・・・。涙

 

ネタは何気ない日常に埋もれてる

課題提出が中盤にきたころ、先生が、ネタ切れ問題の解消法について話してくれました。

「ネタは、何気ない日常に埋もれている」

それをどう取り上げて料理していくか、ライターの力量が問われるわけです。

今回、私が課題のテーマにした内容は、まさに視点を変えてみたことがきっかけでした。

「あ、コレ、使えそう」
って、気づけるかどうか。

普通に過ごしていたら、見逃してしまっていたことだったなと思います。

 

発信する先に読み手の心情を想定できるか

私たちは、多くの場合、無感情で生活しているなんてことはありません。

喜怒哀楽もそうだけど、なぜ?どうして?といった疑問、キレイだな素敵だなといった感動、日々、なんらかの感情をもって生活しています。

でもそれを、誰かに伝えたいと思ったとき、読み手の読後感を考えて書けるかどうかが問題なんです。

「読んでよかった、ためになった」
「感動した、勇気をもらった」
「誰かに伝えたい、教えたい」

読み手の心に何らかの傷跡を残せるように仕上げなければ、ただの独りよがりな日記、あるいは出来事をメモしただけの日誌になってしまいます。

ブログを書いても、メルマガを書いても、SNSで発信しても、何も反応がないなら、「なぜ?」を理解しないと悪い意味での現状維持、なんですよね。。。

 

プロの文章に学びながら・・・

プロのライターさんってすごいなぁ、と、天狼院スタッフさんの投稿を読むたび思います。

「書くことはサービス」
この言葉を常に頭に置いて、もっともっと練習を重ねたいと思います。

 

今週、掲載していただいた課題はコチラです。

 

 

そのほかの掲載された課題

6つ目

 

5つ目

 

4つ目

 

3つ目

 

2つ目

 

1つ目

 

AUTHOR

森北博子
森北博子ぴんぽいんとパソコン教室 主宰
パソコン教室に8年勤務後に独立、2012年6月から自宅にて【ぴんぽいんとパソコン教室】をスタート。ちょっと変わった変なものが好きなB型。趣味はカエル雑貨収集とフィギュアスケート観戦(ちょっと滑れます)。