好きなことをやめて、幸せになる

 

先日、偶然バッタリ友人と出会い、立ち話をしました。
正味、5分もなかったかもしれません。

連絡を取らなくなってから、どうしているかな?と気になってはいたのです。

でも私たちは、共通の友人も含めての付き合いの中、女性特有のベタついた関係ではなかったので、頻繁に連絡を取らないことが普通でした。

今では、ごくたまに挙がってくるTwitter のつぶやきや、ブログの投稿を見て、無事を確認するぐらいです。

 

 

活動を停止してから・・・

彼女はかつてクリエイターさんで、以前は作品を作って販売していました。

立ち話の冒頭、彼女は

「作らなくなったら、作りたいと思わなくなった」

と言いました。

それを聞いたとき私はドキッとしました。

もう彼女の新作を手にすることはできないんだ、と寂しさを感じたものの、それは一瞬のことでした。

彼女の晴れやかな表情を見て、ハッとしたんです。

あぁ・・・、彼女は、今、幸せな時間を過ごしているんだな。
そう思うと、なんだか羨ましさすら感じました。

 

 

仕事と、好きなこととの関係性

そのあと彼女と別れてから、

「好きなことを仕事にすると、苦しくなる」

という言葉が、ふと頭の中に浮かびました。

 

かつて私がフォトスタイリングを学んでいたとき、純粋に、キレイな写真を撮ることが楽しくて仕方ありませんでした。

でもそれを仕事として教えるようになると、義務感、焦り、息苦しさを感じ、楽しめない自分に気づいて写真をやめました。

そして、写真を撮らなくなると、すっかり興味がなくなりました。

 

同じく、カルトナージュと出会い、魅力にハマって、なんとなく講師課程を修了したあとに、人に教えよう、販売しよう、と活動し始めたとき、急に作ることが楽しくなくなりました。

あれほど箱を作りまくっていたのに・・・
たくさん厚紙を買いそろえたのに・・・

今ではそれらは、自室でホコリをかぶっています。

 

私にとって、キレイな写真を撮ることや、カルトナージュで作品を作ることは、趣味に留めておくべきものだったのかもしれません。

そうすればずっと、楽しんで続けられたんじゃないかな・・・

でも、彼女が私と「同じ」というわけではありません。

 

 

やりきること

クリエイター活動をやめる直後の彼女は、尋常でない数の作品を作り続けていました。

私生活をやりくりし、期限と闘い、休みを返上して、ただひたすら作品を作っていました。

そこにはただ「やらなきゃ」という思いがあったように見えました。

もちろん、好きで始めたクリエイター活動だったとは思います。

でも、はた目から見て「大変そうだな・・・」とは感じていました。

 

彼女の作品はファンも多かったので、すべての作品がお嫁入していきました。
見事なラストステージでした。

「やりきった」という感じを受けました。

だから、悔いなくクリエイター人生に幕引きが出来たのかもしれません。

 

そこが、彼女と私の違いです。

だから「好きなことを仕事にして、苦しくなった」わけではないのでしょう。

本当のところ、どうだったのかはわかりませんし、この先も私から聞くことは無いかもしれません。

 

 

私が好きだったのは

彼女と会ったとき、私はたまたま彼女の作品を持っていました。

それに気づいた彼女は
「あ、使ってくれてるのね、ありがとう」
と言って笑顔になりました。

私は彼女の作品のファンだったし、今も必ず、外出時には何らかの彼女の作品を持ち歩いています。

もう彼女の新作を手にすることはないかもしれない。

けれども、彼女の柔和な顔を見て、ただ嬉しかった。

作品を通して、私は彼女という人間が大好きでした。

大好きな人が、幸せそうでよかった。

ずっと会いたいと思っていた彼女。

久しぶりに会えた偶然に感謝しました。

AUTHOR

森北博子
森北博子ぴんぽいんとパソコン教室 主宰
パソコン教室に8年勤務後に独立、2012年6月から自宅にて【ぴんぽいんとパソコン教室】をスタート。ちょっと変わった変なものが好きなB型。趣味はカエル雑貨収集とフィギュアスケート観戦(ちょっと滑れます)。