メールアドレスにリンクさせるとき件名と本文を自動入力する方法

メールの自動入力003

教室やサロンのお申し込みの際に、メールフォームを使っている方も多いと思います。

お客様から聞きたい情報をメールフォームの項目に設定しておくと、聞き漏れが無く便利です。
また、お客様にとっても「何をどう書いたらいいのかな?」と戸惑わずに済むので、手間をかけない方法としてメールフォームは重宝します。

でも、メールアドレスに直接メールを送ってもらう、という方法を使っている方もいますね。

「メールはコチラから」

というようにリンクを貼って、クリックするとメーラー(メールを記入する画面)が開く、という設定にしていると思います。

万一メールフォームがうまく作動しない場合を考えて、何通りか連絡手段を持っておくことは必要です。

ただ・・・
メールアドレスに直接メールを送ってもらう場合、

「件名に【体験レッスンお申し込み】とご記入ください」
「お名前、メールアドレス、ご希望の日時、メッセージをお書きください」

と注意書きをしたとしても、届いたメールに記入漏れがあることも考えられます。

何度かやり取りをする手間が生じるので、かえってお客様に面倒をかけてしまうことにもなりかねません。

そこで、メール利用の際に、お客さまの手間を省く方法をご紹介します。

この方法を使うと、下の画像のように

  • 件名
  • 本文(入力してほしい項目を予め表記)

自動で入力してくれるので便利です!

メールの自動入力003

メールアドレスにリンクさせるとき件名と本文を自動入力する方法

1.下の枠内の文字列をすべてコピーします。

<a href=”mailto:メールアドレス?subject=件名&body=以下の内容をご記入ください%0D%0A◆お名前%0D%0A◆メールアドレス%0D%0A◆希望日時%0D%0A◆メッセージ“>メールはこちらから</a>

赤文字部分は適宜変更してください)
青文字部分はリンクさせる文字列を入力してください)

2.「HTML表示」に切り替えて、本文に貼り付けます。

メールの自動入力004

 

メールの自動入力設定 仕組みの解説

もっと細かく設定したい方のために、仕組みを解説しますね

メールアドレスにリンクを貼る

<a href=”mailto:メールアドレス”>リンクさせる文字列</a>

件名のみを表示する

<a href=”mailto:メールアドレス?subject=件名”>リンクさせる文字列</a>

「?」のあとに「subject=」を入力
「subject」は「件名」

 

本文のみを表示する

<a href=”mailto:メールアドレス?body=本文”>リンクさせる文字列</a>

「?」のあとに「body=」を入力
「body」は「本文」

 

件名と、本文を表示する

<a href=”mailto:メールアドレス?subject=件名&body=本文”>リンクさせる文字列</a>

「subject=(件名)」と「body=(本文)」を「」でつなぐ

 

件名と、本文を改行して複数表示する

<a href=”mailto:メールアドレス?subject=件名&body=本文①%0D%0A本文②”>リンクさせる文字列</a>

「body=(本文①)」と「body=(本文①)」を「%0D%0A」でつなぐ
「%0D%0A」は「改行」

やってみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

パソコン教室に8年勤務後に独立、2012年6月から自宅にて【ぴんぽいんとパソコン教室】をスタート。おうちサイズで起業をする女性を、パソコン&スマホという分野からサポートできるよう、日々アンテナを張って新しい情報を仕入れ勉強中。ちょっと変わった変なものが好きなB型。趣味はカエル雑貨収集とフィギュアスケート観戦(ちょっと滑れます)。