SNSからワードプレスに人の流れを作ろう!

 

前回、アメブロを利用してホームページ(ワードプレス)に人を集めてくることについて、データをもとに詳しく解説していきました。

今日は引き続き、SNSを利用してホームページ(ワードプレス)に人の流れを作ろう!というお話です。

 

SNSからのホームページ流入を分析

前回、グラフを使ってご説明しました。
あのグラフから、SNSだけを抽出して見てみましょう。

私が使っているのは、

の3つです。

 

 

これは予想通りの結果でした。
1つ1つ解説していきますね。

 

Facebook ページ

Facebook ページは、当教室のお客さま層と、Facebook 利用者が一番多い層(年齢・職業含む)が、ちょうど合致しているからです。

現状、Facebook ページはブログ更新情報を自動連携で流すだけの目的で使っています。

更新をお知らせすると、かなりの確率でブログを読みに来て下さる方がいる、ということですね。

 

Twitter

Twitter は、登録してからずっと放置だったのですが、今年初めからチョイチョイつぶやき始めて(仕事とは関係ないことが中心ですが意図してのことです)、毎日 Twitter からの流入が少しずつ増えてきました。

もちろん、毎回ブログの更新情報も自動連携投稿しています。

それまでは流入者数ゼロだったので、日々のつぶやきの成果が出てきているってことなんだと思います。

当教室のお客さまは、Twitter をほとんどやっていないのですが、この数か月間やってみて、こんな業種が向いているような気がします。

例えば、ザッと見た限りでは・・・

  • カウンセリング業
  • ノウハウを提供する業種
  • マインドを説く業種
  • 子育て世代を対象としたサービス業
  • ハンドメイド業
  • 物販業

です。

 

Instagram

Instagram は、もともと仕事としては全然使っていなくて、たま~に気まぐれに投稿するぐらい。

つまり集客度外視のSNSなので、基本「放置」です。

そもそも、Instagram の使い方を知っていないと、レッスンで聞かれたときに応えられないと困るなぁ・・・という不純な理由から始めたのもあります。笑

だから、この結果にも納得でした。

向いている業種は、写真に撮れる題材を扱っているサービス業あたりは、有効かな?と個人的には思います。

例えば、

  • フード関係(販売、飲食店、教室)
  • アート関係(作品を載せられる業種)
  • ハンドメイド(物販、教室)
  • マインドを説く業種(文字を画像にして載せるのって流行りましたね)

といった、写真にするとより魅力を伝えられる業界は強いですね。

やっぱり、自分のタイムラインにきれいな写真が並ぶとワクワクして、見るのも楽しみになります。^^

 

 

SNSどれに力を入れるか?

業種によっても適したSNSがありますが、各SNS住民の年齢層といったものや、自分のお客さまのターゲットによっても、どのSNSがいいかは分かれるところだと思います。

そして何より、自分が楽しんで投稿し続けることができるか?も大事ですね。

全部のSNSで、同じように力を注いで頑張る必要はありませんが(まぁ、それができればスゴいんですけど)「コレを頑張る!」と決めて発信し続ければ、かならず人の流れを作ることはできます(私の Twitter が良い例です)

当教室の場合、現状ではアメブロがSNS的な役割を担っているわけですが、今後も引き続き、アメブロには手動で、Twitter・Facebookページには自動連携機能で、ブログの更新情報を知らせていくつもりです。

みなさんも、自分のお客さまがどのSNSを使っているかをヒアリングしてみて、一番多い(見てくれる率が高い)SNSに絞ってみてはどうでしょうか。

アレもコレもと手を出して、結局どれも中途半端、というのではもったいないですからね。^^

 

 

AUTHOR

森北博子
森北博子ぴんぽいんとパソコン教室 主宰
パソコン教室に8年勤務後に独立、2012年6月から自宅にて【ぴんぽいんとパソコン教室】をスタート。ちょっと変わった変なものが好きなB型。趣味はカエル雑貨収集とフィギュアスケート観戦(ちょっと滑れます)。