コロナ禍こそブログで稼ぐ

 

あらゆる分野で、さまざまな困難をもたらしたコロナ禍ではありますが、これを機に、改善されたり、急速に進歩した面もあります。

 

 

コロナで大きく進んだ世界

コロナ前は「え?オンラインレッスン? 私には出来ません!」と、はなから敬遠していた多くの人たちが、今やサクサク使えるようになっています。

また、買い物はオンラインショッピング、調べ物はネット検索、銀行はネットバンキング、支払いはスマホ&カード決済、書類提出や諸々手続きも全てネットで完了・・・と、その劇的な変化は、数え上げたらきりがありません。

また、セルフレジも色んな店舗で見かけるようになりましたし、レストランや回転寿司のオーダーもタブレットを使う店が増えました。

 

便利さと自主性と

けれども、こうした便利なツールは、コロナ禍よりずーっと前から存在していたのであって、ただ「使っていなかっただけ」「使う勇気がなかっただけ」「使う必要性を感じていなかっただけ」なんですよね。

海外に比べると、先進国の中でも日本はまだまだ遅れを取っている部分もありますが、非対面・非接触をキーワードに、今後もこうした「人の手を煩わせることなく、便利なツールを使って自分でやらなければいけない」機会は、ますます増えていくのだと思います。

一方で、IT弱者の高齢者には、なかなか住みづらい環境になってしまったのかもしれませんが・・・

 

 

自分発信の情報ツールの必要性

さて、そうした環境の変化を別の側面から見ていると、若い人を中心に、多くの人たちがWebを利用した発信ツールを、当たり前のように持つようになったなぁと感じます。

それは、ビジネスあるいは趣味の両方においてです。

Instagram や Twitter 、TikTok に YouTubeチャンネル・・・など、閲覧するだけではなく、自分で発信する何らかのツールを持っていて、使い勝手や好み、発信内容との相性によって、複数を使い分けている人たちも多いですよね。

 

ブログで稼ぐ

もちろんブログもその1つです。

アメブロを代表するレンタルブログしかり、記事を有料で読ませることもできる note や、ワードプレスを使った独自ドメインブログもそう。

こうしたブログの傾向として、ブログの機能そのものを使って「稼ぐ」という人が、ものすごく増えたという体感があります。

アメブロのアフィリエイト機能、note の有料販売機能、ワードプレスでアフィリエイトやアドセンスなど広告を貼ったりして、「稼ぐツール」として運営する人を多く見かけるようになったのです。

それらの運営者は、主婦、学生、会社員、専門職・・・多岐に渡ります。

いわゆる、副業ですね(本業の人もいますが)。

 

記事を書くことで、読者を呼び込み、収益につなげる。

その記事は当然、ただの日記や駄文ではなく、誰かにとって「読んで為になる内容」であることが絶対条件です。

 

ブログを読んでもらうには

では、読者は、どうやってその記事を見つけるのでしょう?
それは、もちろん「検索」です。

皆さんも、調べ物をしたときに検索結果に個人の投稿した記事がヒットした、という経験があるでしょう。

私もこれまで、そうした「親切な人たち」に何度も助けてもらいました。

例えば最近でいうと、こんなキーワードで検索しました。
「ボールペン 洗濯 汚れを取るには」

・・・笑。

 

こうした「親切な人たち」に助けてもらうことは、仕事上では日常茶飯事です。

いわゆる「ググる」ことなしに、私の仕事は成立しないといっても過言ではないほどです。

 

「書くこと」が嫌いでなければ

当教室のブログの読者の多くは、何らかの事業をする個人事業主の方々が多いと思います。

仕事への集客につなげるブログ投稿を、もう何年も続けていることでしょう。

でも「集客ブログを書くのが苦手」という人も、少なからずいずはずです。

「一体、何を書いたら集客できるの?」

1記事書くのに、何時間も頭を悩ませて・・・それでも書けない、ということを繰り返した経験があるのではないでしょうか(私もそうですよ^^;)。

 

けれども、

「文章を書くのは、それほど嫌いじゃないんです」
「仕事以外の事では、語りたいことが山ほどあります!」

という人もいるでしょう?

そういう人たちこそ、自分の好きな分野の専門ブログを書くべきだと、私は思います。

 

自分に何が書ける?

専門って、どんなこと?
・・・何でもいいんです。

好きなドラマや映画、推し(俳優・歌手・声優・グループ・選手等)の情報、生活の知恵、子連れお出かけ情報、子育て便利グッズ紹介、オススメお店情報や、グルメ情報、婚活や離婚経験談、趣味にまつわる話、DIY自宅収納術、100均便利グッズの使い方・・・なんていうのもありますね。

とにかく、自分が好きで、何記事でも書ける!というものでOK。

 

どのブログを使えばいい?

その場合、アメブロのようなレンタルブログではなく、できれば新たにワードプレスを立ち上げて書いてください。

それが無理なら、note でも・・・うん、まぁいいでしょう。

ブログに、好きなこと、興味のあること、自分が良く知っていることなどを書いて、収益につなげるのです。

 

ブログを書くだけでは稼げません

ワードプレスの場合、ただブログを書くだけでは、なかなか収益に繋がりません。

運よく記事がメディアで取り上げられたりすれば、収益になるかもしれませんが、そうそうそんなラッキーは転がっていませんからね・・・^^;

 

そこで、アフィリエイトや、Googleアドセンス(広告)です。

その稼ぎ方は、ブログの内容に関連した商品の紹介リンクを貼ったり、自動で差し込まれる広告から、読者に商品を買ってもらって紹介料を貰う、という仕組みです。

これには、残念ながら、代行などのお膳立ては無理なので、当教室ではお手伝いできそうにもありませんが・・・^^;

自分で勉強して、研究して、試行錯誤を繰り返してやっていくしかないので、記事を書いたからってすぐに、楽して収益につながるわけではありません。

 

でも、一度書いた「役に立つ記事」は、その後、大きな財産となって育っていくので、より多くの人が知りたいと思う内容、あるいは、多くの人に役立つ情報を、コツコツ蓄積させていくことがポイントです。

 

誰にでもチャンスがある

月収数百万稼ぐような、子育て中の専業主婦の方もいます。

もともとは副業で初めて、稼げるようになったら会社を辞めた、という人もいます。

 

一度ワードプレスを立ち上げて、アフィリエイトやアドセンスの仕組みを取り入れさえすれば、あとは隙間時間にせっせと記事を書き続ければ、収益につながるのです。

それこそ、寝ている間にも、ブログが勝手に稼いでくれる。笑

・・・すごいですよねぇ。

 

チャレンジしてみる価値はある!

コロナ禍でおうち時間が増えたので、そうしたブロガーさんが多く生まれました。

店舗を構えなくても、どこかに勤めなくても、自宅に居ながら稼ぐ方法というのが、今の時代にピッタリだったのでしょうね。

 

「私も、ワードプレスでブログを書きたいです!」
という気になった方もいらっしゃるでしょう。

ぜひ、ご自身の得意分野で、新たなチャレンジをしてみてください!

 

当教室では、アフィリエイトやアドセンスの設定は出来ませんが、ワードプレスの立ち上げについてのみ、お手伝いすることができます。

まずは、Zoom無料相談でお問い合わせください。