田舎暮らしの母、若返り大作戦!|天狼院ライティング・ゼミ

 

少し前に「ライティングを勉強している」ということを書いたのですが・・・

私が受講しているのは「天狼院書店」が主催する「天狼院ライティング・ゼミ」という講座です。(Kさん、あの時うちあけられず、ごめんなさい!)

 

4カ月間、全16回の課題提出

オンラインで学ぶスタイルの、4カ月間の講座。
しかも、全16回もの課題の提出が課され、毎週1回必ず締切がやって来ます。

いつもなら
「え?毎週なの~? しかも16回!? ムリムリ・・・!」
と思うところですが、たまたまコロナ騒動で時間ができたこともあり、

「やったろーじゃないの!」
と、逆にメラメラ燃えて申し込みました。笑

 

プロの添削が受けられる!

課題は、2000文字程度の文章で、テーマは自由です。

添削の結果、一定水準を満たした文章であれば、天狼院書店のホームページ上に掲載されるというご褒美があります。

プロのライターさんに添削してもらえる、ということもあって、俄然ヤル気が出ました。

 

1回目の課題添削の結果は

最初の課題提出では、添削の結果、撃沈・・・。

添削後のコメントを読んで、
「あー、そりゃそうだよね、うん、納得」
という感じでした。

なぜダメだったか?
その原因は、私が長らく、このブログを書いてきたせいでもありました。

当教室のブログの読者の多くは、私という人物を知っている方がほとんどです。
だから、細かな背景の説明は不要だと思って書いていました。

けれども課題の文章を読む人は、ましてやWEBに掲載された場合の読者は、当然のことながら私のことは知りません。

「え? あんた、誰?」
ってなもんですよね、そりゃそうだ。笑

最初から最後まで読者は、「このひと誰だろう? 誰なんだろう?」という疑問をぬぐえないまま終わる、という展開の文章を書いてしまったのです。

いつ、誰が読んでも、すんなり文章に入っていけるストーリー展開って大事なんだなぁ~と、改めて気づかされました。

 

2回目の添削結果は!

そして、2回目の課題提出がやって来ました。

前回の反省点を踏まえて、かつ、その翌週にオンラインで学んだことを盛り込みつつ、文章を書きあげました。

ドキドキ・・・。

 

で、結果。

 

今回は、WEB掲載OK!となりました!
ありがとうございますー!!!

 

というわけで、これから残りの課題14回のうち、何回WEB掲載されるのでしょうか?

チャレンジしていきますので、生暖か~く見守っていただけたら。^^;;;

 

掲載していただいた課題は、コチラです。
↓  ↓  ↓

「またこの話題~!?」
って思うかもしれませんが。笑

 

 

AUTHOR

森北博子
森北博子ぴんぽいんとパソコン教室 主宰
パソコン教室に8年勤務後に独立、2012年6月から自宅にて【ぴんぽいんとパソコン教室】をスタート。ちょっと変わった変なものが好きなB型。趣味はカエル雑貨収集とフィギュアスケート観戦(ちょっと滑れます)。